表妙義山 筆頭岩・金鶏山

1912年(大正元年)ウェストンが、筆頭岩にザイルを使って初めて登頂しました。このときに、ウェストンがザイルの手ほどきをしていることから、近代登山発祥の地とされています。

表妙義の南東に張り出す金鶏山・筆頭岩は完全なバリエーションルート。直下に車道が通っているので、落石を起こさないよう注意が必要です。

 

日帰りバリエーションルート 初級 
妙義山随一の尖峰、筆頭岩と金鶏山を繋いで縦走します。
■行程 6時間程度
■必要な技術・体力
岩稜と簡単な岩登りのルート(Ⅱ~Ⅳ級)
・技術…岩場での登下降に慣れている / フリークライミングの経験がある方
・体力…一般登山道をコースタイム内で歩ける方
■必要な装備
○ヘルメット
○ハーネス
○120㎝スリング 2本
○安全環付カラビナ 2個
○エイト環かATCなどの確保・下降器
○その他装備一式(追って装備一覧表をお送りします)