南会津アルプス 窓明山

窓明山は途中のブナ林と山頂の展望がいいので春のザラメ雪を楽しもうとスキーを担いで登りましたが、、、尾根道は夏道に、雪の着いてる斜面は波打ち、雪庇は大きく切れていて崩壊寸前、一週間前のレコードでは快適な山スキーを楽しんだと聞いたのですが、この時期の雪解けの速さを感じます。

福島の山ガイドブックによると・・

「窓明山は会津駒ヶ岳を中心として南北に連なる「南会津アルプス」の一角。三岩岳の北側に位置する。平成7年に開催された福島国体で山岳競技の会場となった時に登山コースが整備された。登山者でにぎわう会津駒ヶ岳とは対照的に静かな登山が楽しめる。窓明山と三岩岳との鞍部には「めまうだ湿原(三岩大池)」があり、高山植物が開花し始める6月下旬~7月、紅葉を楽しめる10月がお勧め」と記載されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中