都岳連プロガイド実技講習@谷川岳「西黒尾根&土合」

春の嵐が忍びよっていた週末の谷川岳で、東京都山岳連盟プロガイド養成機構の実技講習が行われました。首都圏で一月半つづいた緊急事態宣言が解除され、久しぶりに再開された雪上訓練に、Team DANGOからも4名が参加しました。

西黒尾根では下降支点構築後に自己脱出など訓練。
その後、尾根上でフォーカスド・ビバーク!
こちらは雪崩埋没者捜索訓練中。
アバランチ・レシーバーでヒットしたポイントにプローブを立ててマーキング。
雪崩埋没者の掘り出し訓練。
制限時間は5分!
春の雨で重くなった雪を、受講者も講師もびしょ濡れになって掘り起こしました。

そのほかに、雪洞構築、シート搬送、ショートロープをはじめとする雪上でのロープ操作、そして、フォースト・ビバークを前提としたツェルトのみ(シュラフなし、マットなし)でのフォーカスド・ビバークも体験。

今回の実技講習も、盛りだくさんの課題をこなした実り多き二日間になりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。