初心者向け沢登り『スッカン沢・桜沢』

スッカンブルーと呼ばれる青い水が美しい渓谷、雄飛の滝は光芒撮影スポットとして人気が高い。大体の沢登りは沢を登って登山道下るが、ここは観光遊歩道を下り、沢を登るのでお手頃な沢です。メインの沢登りは桜沢でシャワークライムをし続きを読む “初心者向け沢登り『スッカン沢・桜沢』”

『小川谷廊下』沢登り

沢登りの登竜門ともいわれている小川谷廊下、近年の大雨で土砂が入り渓相が以前と変わってしまったが、相変わらず綺麗な溪谷です。水量によってグレードが変わります、残置ハーケンが有ると思っていたら無かった時のショック、沢へは万全続きを読む “『小川谷廊下』沢登り”

『子持山』クラシックルート

クラッシックコースは気持ちの良い岩稜帯が歩ける。獅子岩のてっぺんは爽快な気分で岩山マニアにはたまらない所です。上越越後の帰りに関越道から右手に見える突き出た獅子岩の風景は記憶に残りますね。

春山『上州武尊山』

手小屋沢登山道には所々残雪があり、雪は柔らかいので登山靴なら蹴り込めば大丈夫。この日は空気が乾燥していたため遠くの富士山から赤城山、皇海山、日光白根山…数えると百名山が11座は確認できました。

妙義山『金洞山』『星穴岳』

表妙義山の金洞山からからひときわ目立つ針峰・それが星穴岳です。 このコースは岩稜歩き・クライミング・トラバース・空中懸垂下降などが楽しめるので妙義山の中でも人気のあるバリエーションルートのひとつです。

西上州ガイドルート下見

西上州には地形図にも山名事典にも非掲載の山が沢山あり、秋葉山とゴシュウ山(仏岩山)もその一つです。ガイドツアーも行なわれていますが、急登で不明瞭な登山道のため下見に出かけました。 頂上からの展望は、岩峰の天辺だけあって高続きを読む “西上州ガイドルート下見”

木曽駒 西横川 沢登り

10月5日(土)紅葉を期待して西横川を遡行して来ました。 しらび平迄のバスは4時半から並び7時にやっと乗れ、8時に入渓し正午過ぎに長谷部新道に着き、13時半に千畳敷。同行者が両足のソールを剥すアクシデントもあったにのもか続きを読む “木曽駒 西横川 沢登り”

剣岳

平蔵谷の雪渓がタテバイの足下まであり、取り付くのに雪渓の口の中はザック無しならなんとか通過できそうだったが諦め、雪渓をトラバースした。 平日だったので、登山者は少なく山頂では5名すれ違いも含めて20名弱程だった。 台風が続きを読む “剣岳”

三俣山荘

黒部の山賊の著者伊藤正一氏が建てた山小屋、最近ではテレビドラマの舞台に使われた。黒部の懐で雲の平山荘、水晶小屋、湯俣山荘(休業中)は同じグループ。湯俣からの伊藤新道は山に慣れてきた方にお勧めのガイドコースです。

飯豊山

田植えが終わったばかりの田んぼに写る飯豊連峰。 毎年、山形の渓流釣りは山岳会の先輩達と行くのが恒例のでしたが、その中心となる岳人が昨年癌で亡くなった。今年の釣りは寂しさも伴って釣果もよくない。 秋の色付いた飯豊は一度は登続きを読む “飯豊山”

八海山

酒の銘柄でお馴染みの八海山 古くから霊山として崇められてきた山。 雪渓が沢山残っていてトラバースには最善の注意をはらい、苦労して登った先に見えるのは美しい景色でした。

南会津アルプス 窓明山

窓明山は途中のブナ林と山頂の展望がいいので春のザラメ雪を楽しもうとスキーを担いで登りましたが、、、尾根道は夏道に、雪の着いてる斜面は波打ち、雪庇は大きく切れていて崩壊寸前、一週間前のレコードでは快適な山スキーを楽しんだと続きを読む “南会津アルプス 窓明山”

蓼科山 残雪期

将軍平からの急斜面は雪の方が楽なんです。クランポン(アイゼン)をしっかりと効かして登行。次回の下降はアックス(ピッケル)を持ってグリセードしてみましょう! 多くの登山者が入る山域で、ツボ足のトレースを消すような尻セード、続きを読む “蓼科山 残雪期”

槍ヶ岳 春山スキー

上高地から梓川沿いを重荷に耐え槍ヶ岳を目指します。5月の連休3000級はまだ冬、日中でもちょっと風が吹くだけでカリカリ、十分に気を付けましょう。 今シーズンは雪が幾分多く感じます。

乗鞍岳 春山スキー

5月の連休山行。当日は山頂付近風が強くてアイスバーンでしたが、2800mくらいから雪は緩み、中腹部は良いザラメ雪でした。山スキーの道具を揃えたばかりのクライアントさん達でしたが、滑りはバッチリリ後は道具の使い方をマスター続きを読む “乗鞍岳 春山スキー”

宝剣岳バリエーション入門コース

千畳敷ホテル前にある社の脇から装備を着けサギダル尾根上をたどり上部の小岩峰を目指します。 徐々に急斜面となるので、滑落には十分注意したいですね。 ブッシュ混じりの岩場に到達すればこのルートの核心部を迎えます。 技術的なグ続きを読む “宝剣岳バリエーション入門コース”